見出し画像

難しい定性的な職種を、公平・公正に評価するには?

OGSシニアコンサルタントの深石です。

人事評価のコンサルティングをするなかで、定性的な職種では評価項目・評価基準の作り方が難しいという声をよく聞きます。

保育士、看護師、事務職、専門職、技術職、管理部門など、定量化しにくい業務内容がメインの定性的な職種では、評価という数値に落とし込むことに悩まれることが多いです。

そうした定性的な職種であっても、段階を踏んで定量化することで、主観的な評価を抑制し、より公平・公正な評価をすることができます。

定性的な職種を公平・公正に評価する方法について、OGSとしてどのようなアプローチで最終的に評価項目・評価基準を見出していくのでしょうか。

今回は、保育士を例に説明・紹介していきます。

ステップ1:評価の目的を明確にする

まず、なんのために評価を公平・公正にするのかを明確にしましょう。

今回の例でいうと、保育現場で人事評価をする目的とは何かを考えます。それは「保育の質を上げるため」ではないでしょうか。

画像9

保育の質、ひいては園児の健やかさ・豊かさのために、適切な評価の仕組み・制度が必要になってくるということになります。

ちなみに、国家資格である保育士には、国の定めるガイドラインがあります。

前提として、ガイドラインに沿って評価制度を設計していきましょう。

ステップ2:最終的な目標・ゴールを決める

保育士の評価においては、「保育の質を上げるため」に評価をします。

・保育の質を上げるとは、なんでしょうか?
・質が上がった状態とは、どういった状態でしょうか?

この「保育の質を上げるとは?」という問い自体が非常に定性的ですね。そこをもう少し定量的に、形にしていきます。

保育はどういう状態(数値)になれば、質が高い、質が向上した、と言えるのか、保育現場にとっての最終的な目標・ゴールであるKGI(※1)を決めていきましょう。

画像2

(※1) KGIとは、Key Goal Indicatorの略。何をもって成果(ゴール)とみなすのか、という指標のことです。

ステップ3:目標達成のための観点を具体的に可視化する

では、ステップ2で掲げた目標を達成するために、どういった観点で保育の質を上げていけばいいのでしょうか?

最終的なゴールであるKGIを達成するための観点、KSF(※2)は何かということを、見える化していきます。

(※2)KSFとは、Key Success Factorの略。重要成功要因といい、経営戦略を達成するために何が必要かを定めることを言います。

保育の質に関して言えば、以下6つの観点が考えられるかもしれません。

① 親子の満足度
② 専門知識
③ 必要スキル
④ チームワーク
⑤ 業務マニュアル
⑥ 情報発信

これは一例ですが、このように最終的なゴールを達成するための観点を具体的に挙げていきます。

画像3

ステップ4:定量的な目標値に置き換える

最終的なゴールを達成するための観点を見える化できたら、次にKPI(※3)を定めます。

つまり定量的な目標値に置き換えていくわけです。

(※3)KPIとは、Key Performance Indicatorの略。組織やチームで設定した最終的な目標を達成するための過程を、計測・評価する中間指標のことです。

ステップ3で考えた6つの観点を数値化するためには、例えば以下のような方法が考えられます。

親子の満足度
⇒保護者や園児にアンケート調査を行う。定量的な項目を盛り込み、数値化する。

専門知識
⇒テストを実施し、点数化する。

必要スキル
⇒スキルマップを作成して、スキルのレベルを測る。必要なスキルを10個の要素に分類し、10段階で評価するなど。

チームワーク
⇒職員間の連携を図る目的で360度評価(※4)を実施し、数値化する。

業務マニュアル
⇒マニュアル、フロー、ルールの作成に関する業務をポイントに変換する。

情報発信
⇒SNSへの投稿数や、投稿に対する反応数(いいね、の数)などを点数化する。

画像4

(※4)360度評価とは、従業員の部下・同僚・上司からのフィードバックと、従業員自身による自己評価を収集するプロセスのことです。

OGSにおけるコンサルティングでは、このようにして定量化していくプロセスを経て、100%の状態を定めて振れ幅をつくります。

80%、90%、100%、110%、120%の5段階や、同じく10%間隔で50~140%の10段階 などが考えられます。

90%の状態がどういう状態なのか、定量化のプロセスを丁寧に行うことで、振れ幅を明確に作ることができます。

画像8

例えば、各項目で3か月~6か月の目標をたてた際、設定した期間が過ぎ、ゴールを切ったとします。

その時、KSF項目ごとの達成度がわかり、①親子の満足度は110%、②専門知識は100%、③必要スキルは140%、④チームワークは80%、というように、評価の定量化につながるということです。

まとめ

これまでのご紹介した定量化のステップを振り返ってみましょう。

ステップ1:評価の目的を明確にする
ステップ2:最終的な目標・ゴールを決める
ステップ3:目標達成のための観点を具体的に可視化する
ステップ4:定量的な目標値に置き換える

このように、きちんと段階を踏んで工夫をすれば、より公平・公正な評価に近づけていくことができます。


弊社OGSコンサルティングでは、どのような職種の人事評価制度であっても、しっかりと設計していくお手伝いをいたします。


現在、定性的な職種であっても定量化が可能なオリジナルの人事評価設計シートのサンプルをご用意しています。

こちらから無料でダウンロードいただけますのでぜひご活用ください。
↓↓↓↓↓

画像9


循環型経営とは?の疑問にお答えできるよう、公式サイトにて詳しく説明しています。ぜひ一度ご覧になってください!

スキスキスキ!
8
循環型経営を追求するOGS(Organic Growth System)の公式メディア。 「スモールビジネスを強く。そして、もっと面白く。」をMISSIONに、中小企業のマネジメントや人事評価制度構築を支援します。 「ヒト」の悩みを抱える経営者に、事業成長に特化した情報を配信。