リーダーの「育成」or「交代」を見極める7つの質問
見出し画像

リーダーの「育成」or「交代」を見極める7つの質問

循環型経営のOGS|経営者の悩みを解決するメディア

こんにちは!
OGSシニアコンサルタントの深石です。

前回のnoteでは、
「ビジョナリーカンパニーZERO」に記されている
本質要素をいくつかご紹介させていただきました。

今回は、その中でも特に重要な要素の一つとなります、
現在任用しているリーダーを
「育成するのか?」
または
「交代するのか?」

を見極めるための「7つの質問」についてご紹介します。


誰をバスに乗せるのかー。

は、非常に重要な問いになりますが、

誰をどの座席に座らせるのかー。

も、事業成長を見出す上で
上記と同等に重要かつ本質な問いになります。

つまり、昇格基準や社内規程を満たしたメンバーを
ある役職やポジションに任用したからと言って、

そのメンバーが組織にとっての適正なパフォーマンスを
出せていない場合(または、出さない場合)は、
さらに続投(育成)するのか、交代させるのか、を
経営者は厳格に見極めなければ全体最適は図れません。

■7つの質問とは?

では、書籍に記されていた7つの質問をご紹介します。

※「育成か交代か」という難問に直面した際の質問
 ①この人物を重要ポストに留めているために、
  他の人材が会社を去り始めていないか。
 ②価値観の問題か、意思の問題か、能力の問題か。
 ③「窓」と「鏡」をどう使うか。
 ④仕事を「業務」と見るか「責任」と見るか。
 ⑤ここ1年で、この人に対するあなたの信頼は高まったか。
 ⑥バスの問題なのか、座席の問題なのか。
 ⑦この人物が退社したら、あなたはどう感じるか。

この質問を使えば必ず正解が出る、必ず見極められる、
という万能なチェックリストではないですが、
この7つの質問は極めて本質を射貫いていると思います。

また、これは、経営者や経営陣も、自分自身がどうなのか、を
自問自答していく必要がある重要な問いではないか、と
個人的に考えています。

■OGSは「7つの質問」をどう解釈しているのか?

そして、この質問一つ一つに対して、
OGSとしての見解も添えていきたいと思います。
まず一つ目の質問。

この人物を重要ポストに留めているために、
 他の人材が会社を去り始めていないか。

 これは、重要なアラートの一つだと思います。
 優秀な人財は、優秀な人財と一緒に働きたいと強く思うため、
 水準や次元や視座が低い人が重要ポストに居続けた場合、
 自分が退社をすることで意思表示をする可能性があります。
 また、さらにクリティカルなこととしては、
 高い成果は上げ、会社のコアバリューに反する行動をする人を
 会社が許容していると、コアバリューを支持している人は失望し、
 会社を辞めることもあり得るということです。

価値観の問題か、意思の問題か、能力の問題か。
 これは交代の判断をする際の順番を示唆しています。
 まずは重要ポジションの人間が、会社の価値観(コアバリュー)を
 体現できない場合は、即交代した方が良いと思います。
 次に、価値観は問題ないが、職務に必要な能力が不足してる場合、
 その能力を何としても習得しようという意思がある場合は
 交代させなくてもいいですが、その意思がない場合は
 交代させなくてはいけません。そして最後が能力となります。

「窓」と「鏡」をどう使うか。
 これはビジョナリーカンパニー②でも記述がありますが、
 「成功した際は窓を見て、仲間や環境に感謝ができるか」
 「失敗した際は鏡を見て、自分の責任として捉えられるか」
 ということです。
 人は往々にして承認欲求があり、責められたくない生き物ですので、
 成功した時に鏡を見て、失敗した時に窓を見てしまいがちです。
 ただ、重要ポジションの人物がこの思考なら交代ですね。

仕事を「業務」と見るか「責任」と見るか。
 これも非常に重要な問いだと思います。
 目の前の業務(手段)に囚われすぎて、その業務の先にある
 本来の責任(目的)を全うしない(見失う)人間であれば、
 責任は全うせずとも「自分の業務は実施した」という思考になり、
 部分最適や利己主義が横行してしまうことになります。

ここ1年で、この人に対するあなたの信頼は高まったか。
 これも、純粋かつ素直に、自問自答した際に、
 その対象者に対する自分の心や気持ちがどう反応するかを
 確認した方が良いと思います。

バスの問題なのか、座席の問題なのか。
 これは役割設定や適材適所、人員配置の部分ですが、
 その人物の能力や特性に合わない役割を設定していないか、
 または、そのポジションに求められる任務や職務が、
 その人物の能力を大きく超えてしまっていないかを
 しっかりと確認する必要があります。

この人物が退社したら、あなたはどう感じるか。
 そして、最後の質問がこれになりますが、
 これも純粋に自問自答してみることが必要で、
 もし、内心ほっとするのであれば、
 もうバスには必要ない人物の可能性が高いと言えますし、
 逆に心底がっかりするのであれば、
 バスに必要な人物である可能性が高い、ということです。

いかがでしたか?
これがOGSの考える「7つの質問」に対する見解です。

一つ一つの質問に対して、深く思考しながら向き合うことで、「育成するのか、交代させるのか?」その本当の答えが出てきますね。

■「7つの質問」の解を出した後に必要なものとは?

しかし、「7つの質問」に対する解を出した後にも、
必要な対応というものがあります。

それは、誠実な対応です。
重要ポジションにいる人財を、
「育成するのか、交代するのか」という問いは、
非常に難易度が高いですし、
解を出した後も、本人に対して誠実な応対が求められます。

その際、
「厳格であれ、非常になるなー」

と書籍に記されていますが、まさにこの通りであり、
交代か否かは客観的判断が求められますが、
その後の応対に関しては、
本人への思いやりや敬意を絶対に忘れてはダメですね。


ということで、今回のnoteは、
「育成か交代か」を見極める7つの質問について
一緒に考えてきましたが、いかがでしたでしょうか?

前回のnoteでもお伝えした通り、
最高の人財がいなければ、最高のビジョンに意味はありません。

ぜひ、今日ご紹介した7つの質問を活用していただき、
「バスの重要な座席に、ふさわしい人財が座っている状態」
一緒に追求していきましょう。

OGS_note 表紙&名言(深石さんメルマガ)


この記事が参加している募集

スキしてみて

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

循環型経営とは?の疑問にお答えできるよう、公式サイトにて詳しく説明しています。ぜひ一度ご覧になってください!

OGSって循環型経営の意です!
循環型経営のOGS|経営者の悩みを解決するメディア
循環型経営を追求するOGS(Organic Growth System)の公式メディア。 「スモールビジネスを強く。そして、もっと面白く。」をMISSIONに、中小企業のマネジメントや人事評価制度構築を支援します。 「ヒト」の悩みを抱える経営者に、事業成長に特化した情報を配信。