見出し画像

【経営理念やビジョンの必要性って?】 事業成長できる経営理念の作り方

皆さんの会社では、経営理念が何かを全メンバーが把握していますか?
あるいは、その経営理念の意味や目的を理解できていますか?

せっかく掲げた経営理念でも、従業員にその経営理念の意図・意味が理解されていなければ、策定した意味がありません


「額縁にかけられているだけで、どういう目的でつくられたか分からない」
「そもそも、自社に経営理念があるのかどうかすら知らない」

このような声が従業員から挙がっていたら、、、かなり要注意です!

今回は、経営理念の策定と事業成長の関係性について、深く掘り下げていきます。

なぜ、経営理念の明確化が必要なのか

まずは、そもそも経営理念の明確化を行うべき理由について整理していきます。

経営理念はそもそも、会社の存在意義や目指すべき未来像を言語化したものです。
なぜこの会社は社会に存在しているのか。何を目指しているのか、社会にどう貢献していきたいのか、などを明確化したものであり、いわゆる会社の「軸」となりますので、会社を設立している以上、この「軸」は必ず創業者や経営者の頭の中にあるはずです。

経営理念の策定によるメリットについては、以下の通りです。

・会社としての軸をつくることで、あるべき姿、目指すべき姿を明確化できる
・会社としての方向性の提示により、組織力アップが見込める
・人財採用での基準にもなることで、入社後の双方の認識ギャップをなくすことができる
・社内エンゲージメントが向上する


やはり、軸の明確化が1番重要なポイントです。
軸がぶれていては、従業員が目指す方向もバラバラになり、企業としての力が分散してしまいます。
軸が明確化されることにより、従業員は目指すべき方向性がはっきりと分かるようになります。そして、それが組織力の向上であったり、会社へのエンゲージメント向上を後押ししてくれます。
また、人財採用についても、この「軸」が明確になっていれば、求職者との価値観のズレを防ぐことにもつながります。


経営理念の明確化、他の企業はできているのか

経営理念の明確化にはさまざまなメリットがありますが、実際にそれを実行できている企業はどれくらいあるのでしょうか。

独自調査によると、経営理念を明確化し、従業員にきちんと共有できている企業は4割以下という結果になりました。この結果は、6割以上の企業では従業員が、何の目的をもって働いているのかがわかっていない状況ともとらえることができます。

(グラフ)経営陣から経営理念の共有がされていますか?
※2020年株式会社エックスラボによるインターネット調査結果

スクリーンショット 2020-10-21 15.21.47

また、株式会社電通国際情報サービスによる調査によると、経営理念がある企業では、平均経常利益が4,900万円に対し、経営理念がない企業では、2,900万円と、1.7倍もの違いが出ています。

上記で述べた通り、経営理念が明確化されることによって、従業員のエンゲージメントが向上し、主体的に業務に取り組むメンバーが増えることが見込めます。
そのような動きが、組織や事業の成長、そして売り上げ増加につながるのではないかと推測されます。

正しく経営理念を策定するポイント

実際に、経営理念を策定する際に気をつけるポイントの一つとして意識していただきたいのが、経営理念は、種類ごとに時系列が異なるという点です。

多くの企業では、経営理念とは別に「ビジョン」を策定していることがありますが、これらの1番の違いは、時系列をどこに置いて策定しているかという点です。

実際に弊社でも、「MISSION」「VISION」「VALUES」の3つに分けて経営理念を策定しています。この時系列としては、「MISSION」は現在、「VISION」は未来、そして「VALUES」は過去から未来に向けて永続的に維持し続けるべき指針として、それぞれ明示しています。

それぞれの策定の意図・意味は以下の通りです。

MISSION:企業の存在意義や使命を明確にするもの
VISION:企業として目指すべき未来像や目標を明確にするもの
VALUES:時間軸にとらわれず、企業としての在り方や行動で、常に意識し続けるべき価値観を明確にするもの

スクリーンショット 2020-10-21 15.25.23

経営理念は、採用時にも非常に重要な要素

さらに、経営理念の明確化は、採用時にも非常にプラスとなります。
求職者は、その企業を調べる際に、どのような価値観や考えをもっている会社なのかを調べることがほとんどです。
経営理念がしっかりと明示できていれば、求職者も自分の仕事に対する考え方や価値観とその企業とがマッチするかどうかを判断する指標にもなりますので、仕事に対する価値観が違う求職者からの応募は減少するでしょう。

また、企業側としても、経営理念を明示しておくことによって、採用選考時のエントリーマネジメントにも活用することができます。


弊社エックスラボでも、現在はエントリーマネジメントを徹底しています。
なぜかというと、エントリーマネジメントができていない時は採用に失敗していたという事実があるからです。
単にスキルがある、即戦力になる、あるいは面接官との相性が良いだけで、人財採用を進めてしまうと、組織としてさらに成長していこうとしていく際に、同じ方向を向いてくれず、結果として離脱してしまうといった経験もありました。

そこで、策定した「MISSION」「VISION」「VALUES」に沿って、採用基準を明確にし、エントリーマネジメントをしていくようにしました。
今では離職率も減少しましたし、組織づくりに向けてエンジンがかかった実感を持っています。

※株式会社エックスラボ MISSION VISION VALUES は以下の通りです。※

スクリーンショット 2020-10-21 15.27.21

スクリーンショット 2020-10-21 15.27.33

今一度、経営理念の見直しを

すでに経営理念を策定している会社でも、ブラッシュアップをしていく企業は非常に多いです。
いつまでも同じ経営理念ではなく、時代の変化や組織の変化に合わせて、理念自体も見直していく必要があります。弊社もまだ設立して8期ですが、一度大きなブラッシュアップを行いました。

所属しているメンバーの移り変わりなどと合わせて、従業員も巻き込みながら経営理念を見直す機会を作るのも良いですし、「この理念は良いね」「この理念は変えたいね」などといった、フラットな意見交換の場もつくってみてはいかがでしょうか。

OGSでは、具体的に経営理念を策定するためのコツがわかるシートを、無料ダウンロードいただけるようにご用意しています。

ぜひこちらを参考にしながら、経営理念と向き合う時間をつくってみてください。その時間こそが、必ず事業成長への近道になります!


↓↓↓ 経営理念シートの詳細はこちらから ↓↓↓

画像5


この記事が参加している募集

オープン社内報

循環型経営とは?の疑問にお答えできるよう、公式サイトにて詳しく説明しています。ぜひ一度ご覧になってください!

本当に嬉しいです!
16
循環型経営を追求するOGS(Organic Growth System)の公式メディア。 「スモールビジネスを強く。そして、もっと面白く。」をMISSIONに、中小企業のマネジメントや人事評価制度構築を支援します。 「ヒト」の悩みを抱える経営者に、事業成長に特化した情報を配信。

こちらでもピックアップされています

理念経営
理念経営
  • 3本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。