採用面接の基準を明確に!エントリーマネジメントが事業成長のカギを握る
見出し画像

採用面接の基準を明確に!エントリーマネジメントが事業成長のカギを握る

皆さんの会社では、採用面接を行う際、面接官の主観で合否を判断してしまっていないですか?あるいは、従業員の定着率が不安定になっていませんか?

会社にとってヒトは財産です。人財採用をおろそかにしないことは、事業成長を目指す未来に向けて非常に重要です。
なんとなくのフィーリングや、スキルだけをみて採用を決めるのではなく、会社が掲げる理念や価値観、方向性に合った人財かどうかを客観的視点をもって判断し、採用を進めていくことが、事業成長につながります。

今回は、このような人財採用時のマネジメントである「エントリーマネジメント」の重要性についてご紹介していきます。

エントリーマネジメントとは?

エントリーマネジメントは、人財採用のフェーズにおいて、求職者と企業の価値観を相互理解していくことで、入社後のギャップをなくすためのマネジメント手法になります。
求職者がもつスキル面だけに焦点を当てるのではなく、組織として成長していくために、自社の経営理念や価値観に共感してもらえる人財かどうかを見極めていくことが大きな目的となります。

エントリーマネジメントがもたらすこと

実際に、エントリーマネジメントを導入することによって以下のようなメリットがもたらされます。

01 面接官が変わっても評価にばらつきが出にくい

エントリーマネジメントを行うにあたって、まずは求めている人財要件を整理していくことが必要となります。この整理が、人財採用時の「モノサシ」となりますので、面接官の主観的な評価が反映されにくくなります。
誰が面接を担当しても、求職者に対する評価に大きなズレが出にくくなり、客観的視点をもって求職者と接することができるようになります。


02 会社の理念や価値観に共感できる人財が集まる

採用面接時に、単に求職者の志望動機やスキル面だけをヒアリングするのではなく、企業側からも経営理念や会社として大切にしている価値観の部分を求職者に伝えることが大切です。
例えば、スキル面でとても能力が高い求職者に出会ったとしても、その人の考え方やビジョンが、自社の方向性と異なっていれば、入社後にお互いがフラストレーションを抱えてしまいかねません。
求職者のもつ価値観と自社の価値観が合っていなければ、双方の成長を阻害してしまうこともありますので、価値観の共有ができる環境を採用のタイミングで整備しておくことは非常に大切です。


03 人財の定着率が安定する

人財要件を整え、面接時での価値観の共有を行うことは、入社後のミスマッチを防ぐことに大きく貢献します。
会社としてどういった方向性で事業展開を進めていくのか、どういった価値観で業務に取り組んでいくのかを面接時にきちんと伝えることができていれば、求職者もその心づもりで仕事に励むことができますので、結果として人財の離脱を防ぐことになります。


エントリーマネジメント実践のポイント

次に、エントリーマネジメントを実践するにあたってのポイントを順に整理していきます。

■人財要件を事前に設け、その項目をもとに評価していく

まずは企業として求める人財の要件について整理していきます。その要件に合わせて、面接時にチェックしていくべきポイントを挙げていきます。
面接当日は、面接担当者がそのチェックシートをもとにしながら、要件を満たしている人財かどうかを見極めていきます。

OGS_noteサムネ (3)

■面接は一人きりで対応せず、複数名で評価する

人財要件の明確化や人財要件の整理ができていたとしても、面接官の波長や醸し出す空気感はそれぞれ異なります。
また、求職者は非常に緊張している場合もありますので、人事担当者の面接時に見せる顔と、代表との面接時に見せる顔も自然と違うことだってあります。1人ではなく複数名が面接を担当することで、求職者の色んな面を知ることにもつながりますし、各面接官の異なる視点で適正な採用の判断を下すことにもつながります。


■面接時に、会社の理念や価値観、今後のビジョンについて意見交換をする

上記でも述べましたが、やはりエントリーマネジメントにおいて最も重要視すべき部分は「価値観の共有」です。スキル面ももちろん重要ですが、双方の価値観が合わなければ、そもそもそのスキルを正しい方向で発揮できない恐れもあります。
例えば、一次面接では採用予定部署のマネージャーや人事担当者でスキル面を中心に人財の評価を行い、二次面接で事業統括や役員が企業理念や価値観について意見交換する場をつくるなどといった役割分担をするのも良いでしょう。

ちなみに、弊社では公式サイトに経営理念であるミッション・ビジョンや、価値観(バリュー)をしっかりと言語化して掲載していますので、そもそもエントリーする段階から価値観に共鳴して応募くださる方も多いです。


※弊社エックスラボの掲げるミッション・ビジョン・バリュー

スクリーンショット 2020-10-21 15.27.21

スクリーンショット 2020-10-21 15.27.33

求職者と企業の双方が納得のいく人財採用を

今回はエントリーマネジメントについて紹介しました。

人財要件の整備や価値観の共有といったエントリーマネジメントの徹底をすることで、双方のギャップは解消され、離職率低下やエンゲージの向上に繋がります。

そしてそのエントリーマネジメントを通過した人財こそが、事業成長へと導いてくれると考えます。
人財採用に関しては決して手間を惜しむことなく、ぜひ徹底したエントリーマネジメントで事業成長を導いていってください。

他にもマネジメントに関するお役立ち情報は公式サイトからご覧いただけますので、ぜひお役立てください。

画像4


循環型経営とは?の疑問にお答えできるよう、公式サイトにて詳しく説明しています。ぜひ一度ご覧になってください!

NoOGS,NoGrowth!
循環型経営を追求するOGS(Organic Growth System)の公式メディア。 「スモールビジネスを強く。そして、もっと面白く。」をMISSIONに、中小企業のマネジメントや人事評価制度構築を支援します。 「ヒト」の悩みを抱える経営者に、事業成長に特化した情報を配信。